ソムリエ・エクセレンスがテイスティングし、日本の食にマッチするボトルだけをセレクションしています。
普段のご家庭でのお食事や日常のレストランで外食される際に、心地よく楽しんでいただけるよう、日本人のテイストにあう味わいのワインを意識して選びました。
out
 

2016年 ユリウス オルマンニ 750ml イタリア トスカーナ 赤ワイン

独自商品コード AV0005
発行ポイント 38ポイント
希望小売価格
販売価格

4,180 円(税込)



購入数

  • 【蔵名】 ファットリア・オルマンニ
    【所在地】 トスカーナ州シエナ県ポッジボンシ
    【創業】 1818年
    【オーナー】 パオロ=ブリーニ
    【ディレクター】 ロッコ=ジョルジョ
    【コンサルタント】 パオロ=サルヴィ

    ファットリア・オルマンニはキアンティ・クラシコエリア西部、ポッジボンシからバルベリーノヴァルデルサに位置するワイナリーです。オルマンニ家の歴史は古く、13世紀のダンテの『神曲』にもその名が登場します。その後、戦争によりオルマンニ家がフィレンツェを追放されると、スカラッティ家、メディチ家の統治を経て、19世紀に現在のオーナーであるブリーニ家の所有となります。

    現在のカンティーナは1914年に作られたもので、1924年にキアンティ・クラシコのコンソルツィオが発足された時の創設メンバーでもあります。1960年代にはサンジョヴェーゼの巨匠・ジュリオ=ガンベッリ氏をコンサルタントとして招き入れ、サンジョヴェーゼに重きを置いたワイン造りに注力しました。

    2010年にはサン・ファビアーノ・カルチナイアのディレクターを務めたロッコ=ジョルジョ氏が加入。ロッコ氏はガンベッリ氏の「今までポテンシャルを発揮しきれなかったこの土地の実力を形にしてほしい。」という遺言に従い、恵まれたテロワールを最大限に生かすため、ガンベッリ氏の一番弟子であるパオロ=サルヴィ氏と共に、畑の手入れ、醸造所の管理などの改革を進めています。バランスを重視したクラシカルなワインは今後、更なる進化を遂げようとしています。

関連商品

    • トップ
    • 原産地
    • 2016年 ユリウス オルマンニ 750ml イタリア トスカーナ 赤ワイン
    $nbsp; $nbsp;